JAPANESE  |  ENGLISH
HOME >> PAST EVENT >> NCC11 Exhibitions

PAST EVENT

CCC展覧会企画公募 NCC 2011 第3回 入賞展覧会企画 「あなたはいま、まさに、ここにいる」

若手の展覧会企画者を対象としたCCC(静岡市クリエーター支援センター)の支援プログラムである「New Creators Competition 2011 展覧会企画公募」において、多数のご応募をいただきました。厳正なる選考の結果選出された2組の入選企画展を開催致します。今回の企画はそれぞれ「場」と「時」がテーマです。鑑賞者の心と記憶に残る展示をお楽しみ下さい。

NCC 2011 展覧会企画公募 EXHIBITIONS
「美術の時間」
企画者:高島亮三

「あなたはいま、まさに、ここにいる」
企画者:小田原のどか


■ 会期:2011年1月14日(金) - 2月12日(土)(日・祝日休み)
■ 開場時間:10:00-20:30
■ 会場:静岡市クリエーター支援センター 2Fギャラリー・3F展示室
■ 主催:静岡市クリエーター支援センター
■ 審査員:しりあがり寿(マンガ家)、五十嵐太郎(建築家)、久米英之(CCCプロデューサー)、大森久美(CCCキュレーター)
■ 入場料:無料

「あなたはいま、まさに、ここにいる」
企画者:小田原のどか(東京)
参加作家:小田原のどか、大久保具視、原美湖

―作家のつくりだす作品とは《もう一つの場所》へと我々を立たせるための装置であるー
このような作品が私たちに投げかけること、それは「あなたはいま、まさに、ここにいる」という体験です。今日身体の感覚以外で《この私》が今まさにここに在る実感を得ることはますます少なくなっています。だからこそいま美術の必要とは―我々はどこにいるのか、ここはどこなのか―という問いについて考える機会を設けること自体にあるのだと思います。 本展「あなたはいま、まさに、ここにいる」では、現実の世界と重なるもうひとつの世界のありようを独自の方法論によってかたちにしようと試みる3人の作家、大久保具視、小田原のどか、原美湖の新作を中心に紹介します。(小田原のどか)

■ 審査員講評
今回の「場」をテーマにした展示は、個性も作風も違う3人の作家がそれぞれ鉛筆や消しゴム、アスファルト、テキスト等、様々な素材や形態の作品を持ち寄り一つのテーマに挑むという意欲的な展示です。3人の個性がCCCというひとつの場に集まった時、そこにどのような新たな「場」が現れるか、期待して見守りたいと思います。
(しりあがり寿/漫画家)

小田原のどかは、自分も含む、三人の作家によるアンサンブルを企画している。「あなたはいま、まさに、ここにいる」というタイトル案は、小田原本人の作品ともっとも相性がいい。ただし、このコンセプトと他の二人、すなわち大久保具視、原美湖の作品との関係は、まだ完全には定義しきれていない。しかし、個人的に原のボンドが使って、モノを剥がしていく手法は、とくに興味深く、是非実物を見たいと思わせる強度を感じた。異なる切り口の作家が集まることで、関心の入り口が増えることは、グループ展の魅力だろう。さらに今回の組み合わせが、おおきな相乗効果を生むような展示が完成することを期待している。
(五十嵐太郎/建築評論家・建築史家)

企画者プロフィール
小田原のどか(おだわら のどか)

1985年仙台市生まれ、2008年3月多摩美術大学彫刻学科卒業、2010年3月東京芸術大学大学院先端芸術表現専攻修了。トーキョーワンダーウォール立体部門入選(2008年、東京都現代美術館)、第12回岡本太郎現代美術賞入選者展(2009年、川崎市岡本太郎美術館)、「ノーネーム」展企画(2009年、横浜Zaim/京都・旧立誠小学校)、先端卒業/修了制作2010の会場構成代表を担当(yokohama Bankart)等。
ウェブサイト:www.ima-koko.info/

関連企画 その1
ギャラリートーク

日時:2011年1月21日(金) 18:00-20:00
会場:CCC2Fギャラリー(本展会場)
定員: 20名 (無料/要予約)
内容:映像作家の佐々木友輔氏、美術作家の平嶺林太郎氏をゲストに迎え、「いま、作家が展覧会をつくろうとすることについて」を中心に語り合う。

お申し込みはこちら
または氏名・会社(学)・電話番号・メールアドレスを‘記入の上、メールにてお申し込み下さい。
※開催時間、内容は都合により変更される場合があります。

関連企画 その2
アートプログラム「ぼくは外にいるね。」

開催期間:展覧会会期に準ずる
開催地:東京駅から静岡市クリエーター支援センターまでの各地(駅、サービスエリア)
内容:スマートフォン(iPhone等)や携帯端末向けのアプリ「セカイカメラ」を用い、東京から静岡市まで鑑賞者を導いてゆく。
詳しくはHPをご覧下さい。www.ima-koko.info/event.html