七間町ハプニング

イベント

七間町ハプニング

2017年3月5日(日) 11:00~18:00

七間町界隈の施設、劇場、空き店舗、路上などを舞台にダンス、劇場、大道芸などの
パフォーミング・アーツと出会えるイベント

七間町に劇場があることを知っていますか?
パフォーマーたちが劇場と街を行き来しながら、この日限りの素敵なパフォーマンスをお見せします。
まさに「まちは劇場」さながらに突然のハプニングをご期待ください。
また七間町には美味しい飲食店や個性的なショップが集まっています。
観劇の途中に七間町のまち歩きもぜひお楽しみください。

coffee01.jpg shichikencho01.jpg shop01.jpg viva02.jpg walk01.jpg


「七間町ハプニング」

会期:2017年3月5日(日)

開催時間:11:00~18:00

会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター 2Fギャラリー、七間町このみる劇場、
   あそviva劇場、MIRAIE七間町 2F、村上開明堂七間町第2ビル 1F、
   七間町歩行者天国、札の辻

入場無料(投げ銭歓迎)

主催: 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター

企画運営:株式会社オフィススノド(スノドカフェ)

後援:(商振)七間町名店街、七間町町内会
   I Loveしずおか協議会、七間町ZONE委員会

[ お問い合わせ ]
静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター
〒420-0035 静岡市葵区七間町15番地の1
TEL:054-205-4750 e-mail:info@c-c-c.or.jp


前夜祭

七間町ハプニング前夜祭トークイベント 「アートイベントの社会的意義ー『まちは劇場』プロジェクトを考える」

登壇者:井原麗奈(静岡大学地域創造学環アート&マネジメントコース准教授)
    五味響子(番町市民活動センター センター長)
    成島洋子(SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術局長)
    古川はるな(フルート奏者、博士[音楽] )    

日時:2017年3月4日(土)19:00-21:00

場所: 村上開明堂七間町第2ビル1階(空き店舗)

入場無料


〇会場&出演者〇

地図.jpg


『ダンス公演 Tan*Mon Dan(コンテンポラリーダンス)』

会場:MIRAIE 七間町2階(空き店舗)
   11:00~、15:45〜
   1公演約25分 開場20分前

9gD_1155z.jpg

Tan*Mon Dan タンモンダン
ダンサー、振付家の遠藤綾野がプロデュースするコンテンポラリーダンスカンパニー。メンバーは流動的なダンサーだけでなく、舞台俳優や音楽家などともコラボレーションを積極的におこない、演劇的なダンス(Tanztheatre)の手法で作品を創作する。


Ⓑ『ダンス公演 uppull(es)map (コンテンポラリーダンス)』

会場:七間町このみる劇場
時間:11:45~、16:45~
   1公演約25分 開場20分前

uppull01.jpg

uppull(es)map アップルマップ
2009年結成。バレエ出身の松崎えりと増田真也からなるダンスデュオユニット。
ことばでは表現し尽くすことの難しい、人と人、身体と精神の関係性、また、
目に見えない何かとの関係性を結ぶため舞踏という表現方法を用い創作活動を行う。
2010年より毎年 東京 パリ ケルン ベルギーなどで新作を発表。


Ⓒ『ダンス公演 素我螺部(コンテンポラリーダンス)』
  『華道パフォーマンス 辻雄貴(華道家)』

会場:村上開明堂七間町第2ビル1階(空き店舗)
   12:30~ ダンス公演 素我螺部(コンテンポラリーダンス)
   14:30~ 華道パフォーマンス 辻雄貴(華道家)
   17:30~ ダンス公演 素我螺部(コンテンポラリーダンス)
   1公演約25分

buyakuya2.jpg

素我螺部 スカラベ
2014年夏結成。共に日本初劇場専属舞踏団Noism 1に所属していたダンサー・藤井b泉+宮原由紀夫+宮原美起子と、
ギタリスト・原大介によるクリエイティブダンスグループ。『SELL OUR BODY』の発表を皮切りに全国各地で上演を重ね、
京都国際芸術祭-PARASOPHIA-にて映像作品出演やFASHION CANTATA from KYOTOのオープニングアクト振付出演など。
2015年新作『SELL OUR BODY 2』を神戸、大分、静岡、東京で上演、Tokyo Experimental Festival Vol.10にて
特別賞受賞。創作活動に並行し、市や大学の事業に参加するなど枠組みを超えた活動を展開している。


tsuji01.jpg

辻雄貴 ツジユウキ
1983年静岡県出身。工学院大学大学院工学研究科建築学専攻 修士課程 修了。辻雄貴空間研究所 主宰。
建築という土台を持ちながら追求する「いけばな」は、既存の枠組みを超えて、建築デザイン、舞台美術、彫刻、
プロダクトデザインなど、独自の空間芸術として演出される。人と建築と植物。三つの関係性を考え、
植物の生命力と人間の創造力を融合させた空間表現には他に類がない。近年は、国内外問わず様々なブランドとアートワークを発表。世界を舞台に、日本の自然観・美意識を表現している。
2013年、フランスにて「世阿弥生誕650年 観阿弥生誕680年記念 フェール城能公演」の舞台美術を担当。
2016年、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのフロントマン Gotchの2ndアルバム『Good New Times』のアルバムアートワークを手がける。同年12月には、アメリカ・カーネギーホール主催のイベントとして初めて華道家としてパフォーマンスを行い、自身初のニューヨークの個展《YUKI TSUJI Plants Sculpture Exhibition 多の森-OHO no MORI》をNeue Houseにて開催した。


『大道芸パフォーマンスショウ あまる(大道芸)』

会場:あそviva劇場
時間:13:00~、16:15~ 
   1公演約25分 開場20分前

amaru01.jpg

あまる
ジャグリングを基礎としたコメディーショーを主に、大ステージからホームパーティーまで大小問わず
全国各地のイベントやフェスティバル等で活動中。

大道芸パフォーマンスショウ
ボールを使ったジャグリングを中心に、お客様を巻き込みつつ次々に演じていくスピード感溢れる
バラエティーショーを行います。メインは1~7個のボールジャグリング(トス・コンタクト・バウンス)。
バランス芸(ローラーボーラー・バランスボール)、ファイヤーショー、
その他ジャグリング(デビルスティック・シガーボックス・クラブ)、コミュニケーションマジック、バルーンアート全般、
パントマイム、コメディ寸劇(一寸法師・アンデルセン・二宮忠八など)等。


Ⓔ、Ⓕ『演劇パフォーマンス 劇団渡辺(演劇)』
   『クロースアップマジック KISSER(マジシャン)』
   『写真パフォーマンス 杉山雅彦(写真家)』

会場:七間町歩行者天国・札の辻
   13:00~随時

wanatabe01.jpg

劇団渡辺 ゲキダンワタナベ
2004年結成。アトリエでの公演や旅公演の他に野外劇、演劇カフェ、お祭りの舞台演出などを企画制作。
イヨネスコ、ブレヒトの戯曲や、日本の近代文学などを題材とした作品をレパートリーとする。演劇を生きる糧とする30代のメンバーを中心に、静岡にて鋭意活動中。2015年7月より、静岡市葵区七間町に「七間町このみる劇場」をオープンさせ活動拠点とする。


kisser01.jpg

KISSER キッサー
Close Up Magician
観客の至近距離で魅せるクロースアップマジックを専門とする。その中でもカードマジックを得意とし、独特なキャラクターで愉しい空間を演出。パフォーマンスのみならず、マジックのワークショップなども行っている。各種イベント、各種メディアなどで活動の場を広げている。
メディア出演 BS 日テレ 次世代マジシャン神業列伝 3、テレビ静岡 Girls party、静岡朝日テレビ サタハピ静岡、静岡第一テレビまるごとワイドなど。


58_family.jpg

杉山雅彦 スギヤママサヒコ
静岡の写真スタジオ「フォトスタジオ ピース」の代表。
合成をなるべくせず、実際に演じてもらい、劇的な瞬間を撮る作品が、まるで日本のアニメの一場面のようなので、その作風を「ジャパニメーションフォト」と名付け、インパクトのある写真を撮り続けている。
2011年にグランシップで行った「企業戦士サラリーマンダム写真展」には1200人が入場し話題になる。ラグビーの家族写真で「2014年 写真年賀状大賞」を受賞。お弁当どんどんの新TVCMに出演。
2016年、「TED×Hamamatsu 2016」でプレゼンテーションし200人からスタンディングオベーションをうける。「月間カメラマン」2016年11月号に7ページの特集が組まれ、全国雑誌からもその存在が注目される。東京・大阪・宮崎など県外からの撮影オファーが多く「はたらく人たち」をテーマに、全国で活躍中。


『chance music workshop 現代音楽のつどい(即興音楽ワークショップ)』

アメリカの実験音楽家ジョン・ケージが提唱した《偶然性の音楽》を体験するワークショップ
会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター 2階ギャラリー
時間:12:00~、13:30~、15:00~、16:30~ (各回の内容は同じです。1回約25分)

現代音楽の集い.jpg

現代音楽のつどい

現代音楽のつどいとは、作曲家渡会美帆とビギナーのむらさわこ主催の現代音楽についての座談会。
2012年3月に静岡音楽館AOIで催された「生誕100年・没後20年 ジョン・ケージ:フォー・ウォールズ」がきっかけとなり、2012年7月から活動開始。渡会にのむらが「現代音楽はなぜつまらないのか」という問いを投げかける形ではじまった勉強会だったが次第に脱線。

本ワークショップでは実験音楽家/作曲家ジョン・ケージが提唱した≪偶然性の音楽≫を体験します。

参加者は"偶然性"によって選択した指示書にしたがって、それぞれの行為をそれぞれ同時に行います。行為には、楽器の演奏、楽器以外の音を出す行為、それ以外の動作も含まれます。好奇心と聴く耳があれば音楽的知識は全く必要ありません。果たしてどんな音楽が聞こえてくるでしょうか。


同時開催
①劇街ジャンクション
 開催時間:13:00~17:00
 七間町のストリートで繰り広げられるパフォーマンスショウケース

②おまちでアート
 開催時間:13:00~18:00
 アーティストたちの力作が揃うアートマルシェ


タイムスケジュール

タイムスケジュール高画質版.jpg