CCC2018 Contemporary Art 企画<br>Group Exhibition<br>「蜂谷 充志+村上 誠」+「丹羽 誠次郎+加藤 マンヤ」

展覧会

CCC2018 Contemporary Art 企画
Group Exhibition
「蜂谷 充志+村上 誠」+「丹羽 誠次郎+加藤 マンヤ」

2018年2月3日(土)~2月25日(日)

本展は、独自なプラットホーム上で表現活動を歩む4作家による展覧会です。
モノと記憶のはざまの関係性を求めて、環境世界の中に視線を向けている蜂谷のインスタレーション。
自然環境の中でのプロジェクトから、物理的な移動を重ね、写真というフレームで切り取られた村上の写真。
自らの不確かさを再確認し、見ている世界との差異から生まれる丹羽の写真によるインスタレーション。
身の回りのものに隠された事象をユニークな手法で可視化している加藤のオブジェとビデオ。
作家独自の視点が、見えないものを可視化し思考の世界への補助線となり、観る者の想像力を刺激します。



CCC2018 Contemporary Art 企画
Group Exhibition
「蜂谷 充志+村上 誠」+「丹羽 誠次郎+加藤 マンヤ」

会期:2018年2月3日(土)~2月25日(日)

開催時間:10:00~21:00 ※最終日は18:00まで

会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)
   2階ギャラリー

入場料:無料

協力:常葉大学 蜂谷研究室・村上研究室


関連事業

犬飼裕哉によるピアノ即興演奏/4作家によるギャラリートーク

会期:2018年2月3日(土)

開催時間:17:30~

※参加申し込み不要。会場に直接お越しください。
 来場者多数の場合、入場制限を行う場合がございます。
※会場ではCCCスタッフが撮影・収録を行い、事業の様子を記録としてWEB上等で公開します。
 参加者の皆さまも被写体になる場合がございますので、ご了承ください。


2007Kulturfabrik Krefeld.jpg
蜂谷 充志 HACHIYA,mitsushi 「2007 View -Essnce of Life-」 水,ポリマー,イミテーションフラワー 2007
長野県に生まれる。1980年代、新表現主義の波をかぶるところから表現活動が始まる。
物質に拘る美術のはかなさを痛感し、1996年以降はフィールドインスタレーションを中心に展開している。
「目の前にないものは記憶からなくなる」という概念設定のもと、制度に束縛されない表現の場を確保し、
社会空間に提示する一連のプロセスを作品として表現活動をしている。


murakami_01.jpg
村上 誠 MURAKAMI,makoto 「移動(Ⅱ)・南島から-2」 写真,インクジェット出力 2017
静岡県に生まれる。1974~写真を発表。1985年~美術作品の制作を始め、
1988年~プロジェクト『天地耕作amatuchi kosaku』を組織して国内外で現地制作とパフォーマンスを行う。
2003年に天地耕作を解散し、写真を中心にしたソロ活動に入る。最近の発表に、
2013~14年『水迎えー南島の"死"の光景』(銀座ニコンサロン他)、
2015年『島ノ影』(名古屋大学ギャラリーClas)がある。現在〈移動〉をテーマとした
フィールドワークと制作を行っている。


タタミイワシ式のもと.jpg
丹羽 誠次郎 NIWA,seijiro 「タタミイワシ式のもと(Ⅰ)」 ラムダプリント・アクリルマウント 2014
名古屋市に生まれる。1991年愛知県立芸術大学大学院美術研究科修了。絵画の限界部分に着目し、
絵画空間を模型化した作品の発表をはじめる。
その後「私たちが世界を見ていること」「世界が私たちに見られていること」をテーマに、オブジェや写真を
複合的に用いながら美術作品の制作、発表を断続的に続けている。


_D3L0750.jpg
加藤 マンヤ KATO,manya 「ロータス(20脚)」 鉄,木 2009
愛知県に生まれる。1999年イギリス国立ノッティンガム・トレント大学大学院(MA-Fine Art)を修了。
帰国後は刈谷市美術館での個展、イギリスやイタリアでのグループ展など、国内外での作品発表多数。
日常の既製品に少しだけ手を加えた、奇妙でありながらも笑いを誘うユニークなオブジェが特徴。
立体作品を主に手がけるが、シンプルな構成のビデオ作品も発表している。

犬飼 裕哉 INUKAI,yuya(ピアノ即興演奏)
愛知県に生まれる。環境の状況や空気感から即興的に音を創造し、演奏活動をしている。
クラシック演奏のみならず異種表現との融合に取り組むパフォーマーとして活躍中。
今回は本展会場から受け取ったイメージを即興演奏する。



※写真は作家の参考作品です。実際に出展されるとは限りません。