JAGDA新人賞展2017 静岡展<br>玉置太一・三澤遥・八木義博

展覧会

JAGDA新人賞展2017 静岡展
玉置太一・三澤遥・八木義博

2018年1月6日(土)〜1月21日(日)

1978年に発足した公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(略称JAGDA)は、現在、会員数約3,000名を誇る日本最大規模のデザイン団体として、年鑑『Graphic Design in Japan』の発行や展覧会・セミナーの開催、デザイン教育、公共デザインや地域振興への取り組み、国際交流など、デザインによるコミュニケーション環境の向上のために様々な活動をおこなっています。
また、毎年『Graphic Design in Japan』出品者の中から、今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナー(39歳以下)に「JAGDA新人賞」を贈っています。この賞は1983年来、デザイナーの登竜門として、いまや第一線で活躍する104名のデザイナーを輩出し、デザイン・広告関係者の注目を集めています。35回目となる今回は、新人賞対象者145名の中から厳正な選考の結果、玉置太一・三澤遥・八木義博の3名が選ばれました。会場では、3名の受賞作品および近作を、ポスター・小型グラフィックを中心にご紹介いたします。


会期:2018年1月6日(土)〜1月21日(日)

開催時間:10:00-21:00

会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)
   1階・2階ギャラリー

入場料:無料

主催:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)静岡地区

共催:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)

協力:クリエイションギャラリーG8・株式会社精美堂・
   株式会社電通オンデマンドグラフィック・株式会社フレームマン・株式会社ショウエイ・株式会社竹尾


ギャラリートーク ※終了いたしました。

日時:2018年1月13日(土)15:00-16:30(開場14:30)
会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター
   2階 交流研修・多目的ルーム
講師:玉置太一・三澤遥・八木義博
進行:前田ミネオ(JAGDA静岡地区)
定員:80名(参加無料・予約不要)

玉置太一 TAMAKI Taichi
1984年神奈川県生まれ。2006年日本大学藝術学部デザイン学科コミュニケーションデザインコース卒業、同年電通入社。
NY ADC銀賞、ONE SHOW銅賞、ADFEST銅賞など受賞。

三澤遥 MISAWA Haruka
1982年群馬県生まれ。2005年武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業。デザインオフィスnendoを経て、
'09年より日本デザインセンター原デザイン研究所に所属。'14年7月より三澤デザイン研究室として活動開始。

八木義博 YAGI Yoshihiro
1977年京都府生まれ。2001年京都造形芸術大学情報デザイン学科卒業。同年電通入社。東京ADC賞('09、'13、'14)、
佐治敬三賞、ONE SHOWグランプリ、CANNES LIONSグランプリ、D&ADイエロー・ペンシル、NY ADC金賞など受賞。