静岡で生まれた名作たち

展覧会

静岡で生まれた名作たち

2018年8月31日(金)〜9月17日(月・祝)

家具産地静岡で1980年〜90年代に作られた、ジョージ ソーデン、倉俣 史朗、内田 繁、ジャスパー モリソン、
ミケーレ デ ルッキ、川上 元美、喜多 俊之による作品20点を展示します。これらは「産地イメージアップ事業・産地振興ダイナミックス事業」(主催=静岡市)としてデザイン・製作されたもので、デザイン史上大変貴重なものです。
歴史的名作を間近で見られるチャンスをお見逃しなく。


会期:2018年8月31日(金)〜9月17日(月・祝)

開催時間:10:00〜21:00

会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)
   1階・2階ギャラリー

入場料:無料


ギャラリートーク/デザイン談義

1階・2階ギャラリーにて、ギャラリートークを開催します!
また、ギャラリートーク終了後、静岡のデザイナーや当時の事業関係者らによるデザイン談義の集まりを予定しています。
参加は自由ですので、ぜひこの機会にご参加ください。

会期:2018年9月15日(土)

開催時間:<ギャラリートーク>15:30~
     <デザイン談義>  17:00~

会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)
   1階・2階ギャラリー

参加無料

※参加申し込み不要。会場に直接お越しください。
※来場者多数の場合、入場制限を行う場合がございます。
※会場ではCCCスタッフが撮影・収録を行い、事業の様子を記録としてWEB上等で公開します。
 参加者の皆さまも被写体になる場合がございますので、ご了承ください。