絵画展 PULSE

展覧会

絵画展 PULSE

2019年3月8日(金)~3月24日(日)

平面を超えた視覚の先に見えるもの、そしてその先に見る未知なる領域



絵は生き 鼓動し続け

全ては視線のその先で

聞こえてくる心音 漂うエネルギー 見えてくる創造

触れる体で 静寂の息吹を感じ 

無垢な惑星に 足を踏み入れる


「絵画展 PULSE」

会期:2019年3月8日(金)~3月24日(日)

開催時間:10:00~21:00 ※最終日は19:00まで

会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター 2階ギャラリー

入場料:無料

主催:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター


Things that look beyond the plane of vision, and unknown areas seen further

The painting continues to live heartbeat and everything is at the end of sight Heart sounds and drifting energy and visible creation Feeling the breath of silence with the touching body step into a solid planet

プロフィール

宮崎真二
宮崎真二

1983年静岡で生まれる。幼少期から絵に親み描く事に喜びを感じる。
市内の定時制高校を卒業後アルバイトで生計を立てながら趣味で作品作りに没頭する。
2011年から本格的に絵に取り組みこの年に初の個展を開く。
その後各地のアートコンペに応募し2015〜2016年に複数回入選を果たす。 
現在イラスト、漫画、ライブペイントなど様々な事に挑戦し表現の幅を広げている。


I was born in Shizuoka in 1983. I feel familiar with painting and feel joy since I was a child.
After graduating from the fixed-time high school in Shizuoka,
I devote myself to making works as a hobby while making a living by part-time job
From 2011 onwards began working on painting in earnest I will hold my first solo exhibition of painting this year.
After that, I applied to various art competitions and fought several times between 2015 and 2016
Currently I am challenging various things such as illustration, manga, live painting and spreading the range of
expression of my own picture