Hands on Design展<br>日本/イタリアの職人とデザイナー

展覧会

Hands on Design展
日本/イタリアの職人とデザイナー

2019年2月15日(金)~3月3日(日)

Hands on Designは、日本とイタリアの伝統工芸職人と国際的なデザイナーを結び付け、次世代につなぐ新たな価値を持つ伝統工芸品をプロデュースし、販売しているミラノのブランドです。当展示会では、Hands on Designが手掛けた製品をそのプロセスと共に展示し、又、トークショーでは、世界から求められるこれからの伝統工芸の在り方について投げかけます。
モノづくりやデザインに関わる方々をはじめ多数の皆様のご来場をお待ちしております。


Hands on Design展
日本/イタリアの職人とデザイナー

会期:2019年2月15日(金)~3月3日(日)

開催時間:10:00~21:00

会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター 1階・2階ギャラリー

入場料:無料

主催:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター

会場デザイン:Carlo Sabbatucci

展示協力:するがクリエイティブ


■オープニングトークショー

会期:2019年2月15日(金)

開催時間:18:30~20:30

会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター
   2F多目的ルーム
※CCC正面入り口(七間町通り沿い)からお入りください。
水道庁舎正面入り口と、正面右手の外階段からは入場出来ませんのでご注意ください。

入場料:無料

定員:70名(要申込み)

CCC入口案内図.jpg


■交流会 

会期:2019年2月15日(金)

開催時間:20:45~22:45

会場:スノドカフェ 七間町
   静岡市葵区七間町7-8 TEL 054-260-6173

参加費:2,000円 

定員:先着35名様まで(要申込み)


■申込方法

オープニングトークショー及び交流会への参加は、下記アドレスにお申込みください。
メールの件名は「Hands on Design展のトークショー申込み」とし、本文に
「トークショーのみ参加」か、「トークショーと交流会に参加」かの何れかを明記し、
住所・氏名・年齢・連絡先・職業をご記入ください。
当センターからの返信をもって受付完了とさせていただきます。
info★c-c-c.or.jp ※★を@に変えてメールをお送りください。


■オープニングトークショー

第一部 18:30~19:00
「日伊の職人技をデザインの力で次世代につなぐ」

椎名 香織氏 Riccardo Nardi氏 (Shiina+Nardi Design代表)
アートディレクター
成城大学卒業後、東京デザイナー学院卒業。
1986年、渡伊。ミラノのデザイン事務所勤務後、2005年独立。
2012年、Shiina+Nardi Designをミラノに設立。
2015年1月、Hands on Designをブランド化。
同年12月、ミラノに自社ショップを開設。

SHIINA NARDI縮小36×44.jpg



第二部 19:00~19:30

「世界へ発信する日本の伝統工芸」

下川 一哉氏 (意と匠 研究所 代表)
デザインプロデューサー、エディター
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、日経BP社入社。
2008年~2014年、日経デザイン編集長を務める。
2014年、意と匠 研究所を設立。
2014年~16年、佐賀県有田焼創業400年事業のデザインディレクター。
2016年からのLEXUS NEW TAKUMI PROJECTサポートメンバーを務める。

下川さん36×44.jpg



第三部 19:35~20:30

トークセッション「世界で売るモノづくりのヒント」

パネリスト:
椎名 香織氏 下川 一哉氏

中川 周士氏 (中川木工芸 比良工房 代表)
木桶 伝統職人 
京都精華大学美術部立体造形卒業後、中川木工芸二代目清司に師事。
木工職人として、桶、指物、ろくろなどの技術を学ぶ。
2003年、滋賀県大津市に中川木工芸 比良工房を開設。
2010年、ドン・ペリニヨン公認のシャンパンクーラーを開発。

中川さん写真調整36×36.jpg


進行:

甲賀 雅章氏 (シーアイセンター代表、CCCアドバイザー)
Creator 
1991年、シーアイセンター設立。
2009年、ソーシャルデザイン研究所を設立。
2018年、シティプロモーション研究所を設立。
1992年から大道芸ワールドカップIN静岡のプロデューサーを26年間務める。
2012年から大阪府立江之子島文化芸術創造センター館長を務める。

甲賀さん2調整36×36.jpg


注意:
会場ではCCCスタッフが撮影・収録を行い、セミナーの様子を記録としてWEB上等で公開します。
参加者の皆さまも被写体になる場合がございますので、ご了承ください。