TOMOSAKU TAKAE ~躍動する家具と「T stool」展~

展覧会

TOMOSAKU TAKAE ~躍動する家具と「T stool」展~

2019年4月5日(金)~4月29日(月・祝)

2016年、都内から静岡市葵区の山中に移住し創作活動を開始した高江友作氏の個展です


作品はすべて自然素材にこだわり仕上げています。流木や原木など、素材と作品の相性をみながら、
植物由来のオイルや柿渋、蜜蝋などで仕上げています。
「心にも体にも心地良い作品をつくりたい」
「使い込まれて味わいが増すものをつくりたい」
そんな気持ちで日々創作しています。
自然素材ならではの、木の温もり、経年変化もお楽しみいただきたいと思っています。
1階の作品に関しましては、触れていただくことも可能です。
是非さすったり座ったりしながら、実際に肌で木の質感を味わってみてください。
                                          高江友作


「TOMOSAKU TAKAE ~躍動する家具と「T stool」展~」

会期:2019年4月5日(金)〜4月29日(月・祝)

開催時間:10:00〜21:00

会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)
   1階・2階ギャラリー

入場料:無料


●作家在廊日●
各日14:00~16:00
4月7日(日)・4月14日(日)・4月21日(日)・4月28日(日)

●作品の展示・販売について●
1Fギャラリーに展示した作品につきましては会場にて販売予約を受け付けます。
「Tstool」は参考出品であり、販売はしておりません。なお、ご予約いただいた作品は個展最終日まで展示させていただきます。ご了承ください。販売予約に関してはCCCは関与いたしません。作家ご本人にお尋ねください。

プロフィール

高江 友作
高江 友作

1974年3月、東京に生まれる。1998年3月、日本体育大学を卒業し、数年間の講師生活を経て東京都公立中学校体育教諭となる。2016年3月、退職。
同年、創作の場を求め、静岡の山中に移住。独学での創作活動の修行も兼ねて、自宅兼工房として廃屋を改修。
「習うよりやれよ」の言葉を勝手につくり、約1年半の家づくりを経て流木や原木を生かした家具づくりを開始。
2018年9月、寺田倉庫(東京・天王洲アイル)にて、個展「wood art hermit展」を開催。以後、作品づくりを続けるさなか、新たなジャンルのスツールを考案。