my home town<br>わたしのマチオモイ帖 第3回静岡展

展覧会

my home town
わたしのマチオモイ帖 第3回静岡展

2020年6月5日(金)~21日(日)10:00~21:00

展覧会で全国の小さな町を旅しませんか?
~クリエイター視点で描かれた日本全国の小さな町の物語。~


わたしのマチオモイ帖は、日本全国のデザイナー、写真家、イラストレーター、映像作家、
コピーライター、編集者などプロのクリエイターが、自分にとって大切な町、ふるさとの町、
学生時代を過ごした町や、今暮らす町など、各地の町で育まれた「わたしだけのマチ」を
小冊子や映像作品にして紹介する展覧会活動です。
この活動は2011年の震災の年に生まれました。大阪のひとりのコピーライターが故郷を
思い制作した一冊からはじまり、これまでに1930帖以上の作品が集まっています。
今回はその中で230冊程を展示。
クリエイター自身の思いを描いたマチオモイ帖に、「朗読」という音のクリエイションを
加えることで、物語の広がり、新たな視点が生み出されます。
それぞれの作品をもっと深く味わうためのスペシャルイベントです。



「my home town わたしのマチオモイ帖 第3回静岡展」

■会期:2020年6月5日(金)~6月21日(日)

■時間:10:00~21:00

■会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)
    1F・2Fギャラリー


同時開催イベント
「読書したくなる椅子」

家具産地静岡ならではの試みです。
展示会場にてマチオモイ帖を読みながら座りたくなる椅子を設置します。
ゆっくり椅子に座って読書の旅をしよう!

■会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)
    展示スペース

「旅する朗読会」

SPAC俳優 関根淳子氏を迎え、マチオモイ帖の最初の一冊である
「しげい帖」をはじめ、全国のマチオモイ帖をまるで旅をするように朗読します。
トークゲストとして「しげい帖」作者である村上美香氏をお迎えし、
朗読とトークがシンクロするスペシャルイベントを開催します。

■会期:2020年6月13日(土)

■時間:13:30~

■会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)
    2F多目的ルームおよび1F 展示スペース
■当日は、オンラインでの配信・ご参加を予定しております。
詳細は後日、掲載いたします。


sekine150.jpg
関根淳子
SPAC(静岡県舞台芸術センター)の俳優。
演出家、ワークショップ講師、日本舞踊家(花柳克宮子)。
東京生まれ、東京大学卒業。
SPACでは『マハーバーラタ』『オセロー』『かぐや姫、霊峰に帰る』等で
国内外の演劇祭に出演。劇団音乃屋を主宰。
代表作『音楽劇 羽衣』『鬼子母の愛』など。
「音乃屋おとどけ劇場」として子ども病棟、自立援助ホームなどに音楽劇や
演劇ワークショップを届けている。
mika150.jpg
村上美香
広島県尾道市因島に生まれる。瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育つ。
現在は、大阪ミナミにてデザイン会社を経営しながら、デザインワークの
ディレクション、コピーライティング、インタビュー、執筆活動などを
行う。2011年より、故郷をはじめ様々な"町"の息吹を伝える展覧会活動
『my home town わたしのマチオモイ帖』をプロデュース。
2017年より、「動く、ふるさと」を行動基盤に日本各地にあたたかい
波紋を拡げている。

プレイベント
「みんなで旅する朗読会」※このイベントは中止になりました。

私のお気に入りを見つけたり、みんなで話し合ったり、ブックマークを
つけたりして遊びませんか?
●みなさんが選んだ作品が6月13日の朗読会で読まれるかも!
*セレクトした作品が多数の場合は、運営スタッフにより絞らせていただくこともあります。
 ご了承ください。

56057f5c1015dd2c258d8862f6cc2b43985333f5.jpg


★新型コロナウイルス感染症の影響により、中止となる場合がございます。
 何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。