しずおか 新・ものづくりプロジェクト プロトタイプ展

展覧会

しずおか 新・ものづくりプロジェクト プロトタイプ展

2017年3月1日(水)~3月8日(水)

「ものづくり」と「デザイン」という視点。
静岡のメーカーとクリエーターのコラボレーションによる新しいものづくりの挑戦。
企画からデザイン、プロトタイプ製作、完成品に至るまでのプロセスをご紹介します。

Read More
七間町ハプニング

イベント

七間町ハプニング

2017年3月5日(日) 11:00~18:00

七間町界隈の施設、劇場、空き店舗、路上などを舞台にダンス、劇場、大道芸などの
パフォーミング・アーツと出会えるイベント

Read More
デザインフォーラム2017 「デザイン」の力で「売れる」をつくり出す

セミナー

デザインフォーラム2017 「デザイン」の力で「売れる」をつくり出す

2017年3月11日(土) 14:00~18:00

「おいしい東北パッケージデザイン展」で選ばれた優秀作品の実用化までの経緯や苦労話を振り返り、
地域におけるパッケージデザイン開発の課題や可能性を考えます。
また、会場には県内デザイナーの作品コーナーを設けると同時にパネルディスカッションの後には
参加デザイナーと事業者との名刺交換交流会を行います。

ぜひ、デザイナーの皆さん、事業者の皆さんの多数のご参加をお待ちしております。

Read More
海野 麻子 個展 「ランドスケープ」

展覧会

海野 麻子 個展 「ランドスケープ」

2017年2月10日(金)~2月25日(土)

ぼんやりと電車に乗って窓の外を眺めていると、さまざまなカタチが目の前を行き過ぎていく。


何気ない日常の車窓風景から、色やカタチを無作為に選び、
その他のものを排除しました。
また、現実にはない頭の中の心象風景も所々に重ね、
見えるはずのものが見えない、見えるはずのないものが見えるといった、作品になっています。

いつもとは少し違う何かが、ふっと見えてくるかもしれません。

3分程の短い作品ですが、のんびり電車に乗っているような気持ちで鑑賞して頂けたら幸いです。

Read More
matohu 慶長の美展

展覧会

matohu 慶長の美展

2017年1月14日(土)~2月5日(日)

2011年に開催し好評を博した「慶長の美」展が静岡にやってきます!

2005年から5年間10シーズンを通して「慶長」時代の美術・工芸をインスピレーションにデザインに落とし込んだ
これまでのコレクションを、もの作りのプロセスや当時の美術や工芸品とともに紹介します。

Read More
フューチャーセッション 第三回 デザイン&クリエイティブについて語ろう

ワークショップ

フューチャーセッション 第三回 デザイン&クリエイティブについて語ろう

2016年12月16日(金)

今、注目のフューチャーセッション!未来志向の対話形式のディスカッションで静岡のこれからを語ろう!!
★フューチャーセッションとは【未来志向の対話の場】と考えられ、社会的課題を解決するための対話の場づくりとして注目されています。
CCC(静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター)は、ヒト・モノ・コトが集まる魅力ある静岡市を創造することを目標に、 4/1より七間町にオープンし、クリエイティブの力を中心に静岡市を盛り上げていこうと様々な活動をしていきます。
CCCフューチャーセッションはその活動のひとつで、多くの人による垣根を越えたディスカッションです。


今回のテーマは「デザイン&クリエイティブについて語ろう」。
現在開催中の静岡デザインフェスティバルに関わるクリエーターを招待して、彼らの話を聞きながら、クリエイティブの未来を語り合っていく。
作品をつくる上で大切なこと、そして彼らならではのデザインへの考え方を直に聞く絶好の機会。
あなたのアイディアが次の静岡デザインフェスティバルの糧になるかも?

Read More
「観 光 地 - The Place for Lightseeing」

イベント

「観 光 地 - The Place for Lightseeing」

2016年12月23日(金) 16:00~18:00 (15:30開場)

歴史的建造物などを舞台に過去に光を当て、現在進行形のパフォーマンスを魅せるパフォーミング・アーツイベント。
アーティスト仙石彬人によるOHPを用いた絵画 [TIME PAINTING] のヴィヴィッドな光の世界が広がります。

Read More
矢後直規 アートディレクションの仕事

セミナー

矢後直規 アートディレクションの仕事

2016年12月3日(土) 14:00~16:00

グラフィックデザインという、テリトリーが無限大の領域で活躍している矢後直規(やごなおのり)氏。

その斬新なデザインとコンセプチュアル・スキルが活かされた制作は、ファッションブランドやショッピングビル、
アーティスト、そして私たちが日々手にする製品や本の装丁など、多岐にわたって展開し、高い評価を受けています。

今回は、矢後氏の『WORK』をご覧いただきながら、その発想や制作のプロセスにいたるまで、
矢後氏のアートディレクターという仕事についてお話を伺います。

グラフィックやアートを学ぶ学生から、広告の企画立案、制作、PRに携わる方、ブランディングに関心のある方等、
幅広い方にぜひ聞いていただきたい講演です。

Read More
2016年3月以前に開催された展覧会・イベント