フューチャーセッション<br>第7回『コラボレーションのちから。』

ワークショップ

フューチャーセッション
第7回『コラボレーションのちから。』

2018年2月21日(水)18:30~21:00 

どのようなプロジェクトも協力者やパートナーが必要。夢の実現のため、クリエイティブを具現化するためにコラボレーションすることは有効です。事業において1+1は2以上になることが多く、一見関係のない相手との取り組みが思いもよらない結果を生み出すことも。
ということでフューチャーセッション第7回のテーマはずばり「コラボレーションのちから。」というテーマで取り組みます。個々で取り組む、あるいはイメージしたプロジェクトイメージを参加者同士で共有し合い、スケールアップしたプロジェクトとして企画してみましょう!一歩踏み出せなかった方、スタートするためのヒントが見つかるかもしれません。多種多様な考えを、自分プロジェクトにプラスしてみてはいかがでしょう?

Read More
ひびのこづえ展 ながくつづくものづくり

展覧会

ひびのこづえ展 ながくつづくものづくり

2018年3月9日(金)~3月28日(水)10:00~21:00

コスチューム・アーティストひびのこづえがつくるものは、時を超えて愛され続ける。
新しい衣装が生み出されるたび、新しい商品が売り出されるたび、人々の心をつかんで離さない。それはなぜだろう。
さりげないことかもしれないが、そこには消費されるモノとしてではない、ずっと生き続けるための大切な何かが
あるのではないでしょうか。ひびのこづえの作品たちから、そこに込められたぬくもりや思い、ながくつづくそのヒミツを探ってみましょう。

Read More
しずおか未来デザインプロジェクト 商品開発解剖展

展覧会

しずおか未来デザインプロジェクト 商品開発解剖展

2018年2月16日(金)~2月25日(日)10:00~21:00

静岡のメーカーとクリエーターがコラボレーションして商品開発に挑戦しました。
商品開発って、どんなプロセスで進めているんだろう?
企画やデザインってどんな風にやっているのだろう?
試作品はどのように変化しているのだろう?
企画、デザイン、プロトタイプ製作から完成までのプロセスを解剖してみました。

Read More
駿府九十六ヶ町・ステンドグラス展 家康公が愛した城下町

展覧会

駿府九十六ヶ町・ステンドグラス展 家康公が愛した城下町

2018年1月25日(木)〜2月12日(月祝)

静岡に生まれ育った私は家康公と駿府古地図が大好きです。20数年前に国立図書館で重要文化財の【東海道分間延地図】に出会い感動して、いつかこの絵図をステンドグラスの光の中で表現したいと思っていました。徳川家康が理想とした城下町は、安倍川の流れを変えて治水し、土農工商の民がいきいきと働いて暮らしやすいよう【九十六ヶ町・二十九ヶ横丁】に区割りし、そして五十六ヶ寺をまとめた駿府城下の町でした(いま城跡は発掘中ですが)。
四百年後の今も町名は数多く残り市民に愛されて様々な物語が伝えられています。
作品は絵付けとフュージング(ガラスを重ねて焼く技法)で作られています。ご来場いただき展示会を楽しんでくだされば嬉しいです。

Read More
CCC2018 Contemporary Art 企画<br>Group Exhibition<br>「蜂谷 充志+村上 誠」+「丹羽 誠次郎+加藤 マンヤ」

展覧会

CCC2018 Contemporary Art 企画
Group Exhibition
「蜂谷 充志+村上 誠」+「丹羽 誠次郎+加藤 マンヤ」

2018年2月3日(土)~2月25日(日)

本展は、独自なプラットホーム上で表現活動を歩む4作家による展覧会です。
モノと記憶のはざまの関係性を求めて、環境世界の中に視線を向けている蜂谷のインスタレーション。
自然環境の中でのプロジェクトから、物理的な移動を重ね、写真というフレームで切り取られた村上の写真。
自らの不確かさを再確認し、見ている世界との差異から生まれる丹羽の写真によるインスタレーション。
身の回りのものに隠された事象をユニークな手法で可視化している加藤のオブジェとビデオ。
作家独自の視点が、見えないものを可視化し思考の世界への補助線となり、観る者の想像力を刺激します。

Read More
JAGDA新人賞展2017 静岡展<br>玉置太一・三澤遥・八木義博

展覧会

JAGDA新人賞展2017 静岡展
玉置太一・三澤遥・八木義博

2018年1月6日(土)〜1月21日(日)

1978年に発足した公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(略称JAGDA)は、現在、会員数約3,000名を誇る日本最大規模のデザイン団体として、年鑑『Graphic Design in Japan』の発行や展覧会・セミナーの開催、デザイン教育、公共デザインや地域振興への取り組み、国際交流など、デザインによるコミュニケーション環境の向上のために様々な活動をおこなっています。
また、毎年『Graphic Design in Japan』出品者の中から、今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナー(39歳以下)に「JAGDA新人賞」を贈っています。この賞は1983年来、デザイナーの登竜門として、いまや第一線で活躍する104名のデザイナーを輩出し、デザイン・広告関係者の注目を集めています。35回目となる今回は、新人賞対象者145名の中から厳正な選考の結果、玉置太一・三澤遥・八木義博の3名が選ばれました。会場では、3名の受賞作品および近作を、ポスター・小型グラフィックを中心にご紹介いたします。

Read More
第8回SCCしずおかコピー大賞展

展覧会

第8回SCCしずおかコピー大賞展

2017年12月8日(金)~12月24日(日)

12月8日(金)より、2階ギャラリーにて「第8回SCCしずおかコピー大賞 展」を開催します。
本展では、静岡コピーライターズクラブが主催する「第8回SCCしずおかコピー大賞」への応募作品(4,000作品超)をすべて展示。クリエイティビティあふれる“ことば”の数々と、コピーの可能性をぜひご覧ください。

Read More
フューチャーセッション<br>第6回 『自分プロジェクトを立ち上げよう!』

ワークショップ

フューチャーセッション
第6回 『自分プロジェクトを立ち上げよう!』

2017年11月21日(火)18:30~21:00

仕事、事業、偉業、どれも皆、スタートがあり、一つのプロジェクトから始まるものです。
そしてどんなプロジェクトも、きっかけはふとした瞬間の些細なことから。
日常の生活、趣味や仕事、また一つの出会いだったり、ふとした瞬間に沸いたイメージがプロジェクトの種となります。
そんなプロジェクトは、そう、皆さんの頭の中から生まれるのです。
プロジェクトの種こそ最高のクリエイティブ!!ということで、第6回のテーマは
『自分プロジェクトを立ち上げよう!』としてみました。
皆さんの頭の中にあるアイデアをどのように現実化するか。暮らし方、仕事内容、ジャンル、それぞれが
違う皆さんが集まるからこその考え方を、フランクにセッションして具体的にしてみたらいかがでしょう!?
意外な化学変化が期待できるフューチャーセッションとなるのではないでしょうか。
また今回から企画・運営に「すろーかる編集部」が参画。
面白いプロジェクトはCCCと共にサポートしていく、なんてこともあるかもしれませんよ♪

Read More
こころのこと

展覧会

こころのこと

2017年12月9日(土)~12月19日(火)

心の象徴としての芸術。

あらゆる世界の人の中に流れる普遍性や、
私が私であるというような固有性を、
ふさわしい素材を用いて表現する。

アートを通して、自分を見つめるということ。
想像的かつ感覚的な作品を通して、
誰もが持つ個の美しさ、
また、その個と個のつながり、そのあたたかさを、
それぞれの中に感じられるということ。
そんなことを目指して、様々な心の一片を、カタチにしたい。

Read More
2016年3月以前に開催された展覧会・イベント