静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)

JP EN

Exhibition / Event展示会・イベント情報

開催中 お知らせ

FM-Hi!ひるラジ!静岡情報館 出演クリエーター紹介

静岡県中部のコミュニティーFMラジオ局 「76.9 FMHi !」
ひるラジ!「静岡情報館」 13:45から13:55まで
CCCに関わるクリエーターがラジオに出演!
アーカイブはこちらから聞けます♪


■2022.8.26(金)8:40−50  ※通常とは時間が異なります。
■出演クリエーター NY_(アーティスト)
■NFT art  NY_Solo Exhibition 
■CCC展覧会NY_Solo Exhibition  開催期間 2022.8.5-9.4
詳細はこちら
■Q:展覧会のおすすめ、見どころを教えてください!
A:1つは、NFT作品の額装です。表示システムもオリジナルですし、額縁も実用新案登録している特殊なものになります。私が世界で初めてNFTを額装しましたので、是非それをみて頂ければと思います。もう一つはNFT作品の大画面投影です。プロジェクターで壁面から天井にまで映し出しておりますので、それを是非見て頂ければと思います。
★NY_さんのNFTアート作品の制作秘話など楽しいお話が聞けるアーカイブはこちらから!
アーカイブはこちらから聞けます♪


■2022.9.9(金)13:45−55 
■出演クリエーター 笹埜八郎(美術家)
■CCC公募展入選者展覧会 笹埜八郎 個展『無人販売と野菜たち』
■開催期間 2022.9.11 -10.10
詳細はこちら
■Q:今回の展覧会のおすすめ、見どころを教えてください!
A:特別な予備知識など無くても、楽しんでもらえるように心がけました。 
昔のお金と未来のお金をイメージした無人販売の棚や、野菜たちの肖像画、就労支援施設の「それいゆ」さんという作業所で制作された素敵なペイント作品もお借りして人形といっしょに展示いたします。参加型のコーナーもあります。美術の好きな方はもちろん、社会や経済に関心のある方、キャラクター好きな方、美術展とかあまり興味ないという方も、いろいろな入り口から入ってもらって、何か面白いと感じてもらえたらいいですし、逆に変な感じ、違和感を持っていただくのも大事なことだと思います。
それぞれが感じてくださったことをやり取りすることで、 デザインとファインアート(純粋美術)、健常者と障がいのある方、大人と子ども、国や地域 その他いろいろな境界線を 越えていくきっかけができればと考えています。
アーカイブはこちらから聞けます♪


■2022.9.23(金・祝)13:45−55 
■出演クリエーター 池田ひとみ(美術家)
■CCC公募展入選者展覧会 池田ひとみ個展『毛糸模写』
■開催期間 2022.9.11 -10.10
詳細はこちら

■Q:現在開催中の『毛糸模写』。これはどういった展覧会ですか?(この作品を制作しようと思ったきっかけなど)
A:「形態模写」をもじって作った言葉の「毛糸模写」がテーマの展覧会です。
手編みしたニットを、石膏や樹脂に浸し型取りをした、抜け殻のような彫刻作品を展示します。
私が制作において用いている手法の編み物は、元々女性が家庭で行う趣味として一般的で、美術作品とは遠いものかもしれません。しかし「手芸」という「美術」外のもので、美術にまつわるモチーフ(ミロのビーナスや静物画のに描かれる果物・ビン・ドクロなどを模写することで、毛糸が美術に入門したという設定で作品を作っています。
アーカイブはこちらから聞けます♪


■2022.10.14(金)13:45−55 
■出演クリエーター 鈴木啓子(プロダクトデザイナー・CCCプログラムディレクター)
■未来茶会展
■開催期間 2022.10.16 -11.20
詳細はこちら
■Q:鈴木さんがコーディネーターを務める今回の企画会・未来茶会展ですが、おすすめ、見どころを教えてください。
A:みどころは、静岡の茶匠と多分野にわたるクリエーターが6か月間かけてコラボレーションし、クリエーションした作品「新しい発想のお茶やお茶を楽しむスタイル」のコラボ展示です。 もう一つのみどころは、デジタルクリエーターと造形作家がコラボレーションして創る「アナログとデジタルが交錯する未来の茶空間」です。
日程が限定されていますが、その未来の茶空間の中で(一部の茶会を除く)茶匠とクリエーターのコラボ茶会が体験できます。トルタ作家による各チームのテーマに沿ったお茶菓子も体験しどころですね。茶会は予約制となり、コロナ禍なので人数も制限されていますが、展示の理解を深めていただくためにも、実際に茶会を体験していただくことをおすすめします。また、茶会が開催される日程に限りますが、試飲サービスや茶匠のいちおしのお茶も販売されます。さらに、展示期間中、高校生が発案した「利き茶ガチャ」や本展がきっかけに生まれた「茶匠のガチャ」が設置されていますので、実際にそれを体験していただけます。
アーカイブはこちらから聞けます♪


■2022.10.14(金)13:45−55 
■出演クリエーター 前田金三郎商店 前田富佐男×ATELIER M 高田匡子(アロマパルファニスト)
■未来茶会展
■開催期間 2022.10.16 -11.20
詳細はこちら
■Q:美味しいお茶とスイーツを販売している、前田金三郎商店の前田さんと、アロマパルファニストの高田さん、今回の企画展にどのように繋がっていくのか…興味津々なのですが、irodoru・ふわり香るお茶会はどういったものなのでしょうか?
A:ショップで売られている、茶葉のブレンド茶ではなく、うま味のある玉露と香りのある金木犀の花をお茶にしたものを、それぞれ優雅に淹れ、ひとつにして、香りと旨味、時間を楽しんでいただくお茶です。
香りも楽しんでいただくため、ワイングラスのようなカップで飲んでいただくのがおススメです。
アーカイブはこちらから聞けます♪


■2022.11.11(金)13:45−55 
■出演クリエーター 片平祐子(和ハーブインストラクター)
■未来茶会展
■開催期間 2022.10.16 -11.20
詳細はこちら

■Q:片平さんは、先月の30日にYOGAする和ハーブ緑茶という企画を実施されたということですが、これはどういった内容だったのでしょうか? 
A: ヨガをした日の夜に飲むお茶というテーマで成茶加納の加納さんご夫婦と作りました。コラボレーションはプログラムディレクターの鈴木さんが私たちペアを決めてくださりました。ヨガをした日の夜にほっこり、まったり、スッキリをテーマに考えました。加納さんからはドリップパックの提案があり封を開けると和ハーブが見えるようになっております。参加者さんには3つの和ハーブ玉芽ほうじ茶、和ハーブささめ茎茶、和ハーブ茎ほうじ茶3つを飲んで頂きました。最後の和ハーブ茎ほうじ茶は、ドリップパックを実際に利用して飲んで頂きました。皆さんにお好きなものを伺いましたが3種類全て分かれました。お茶は嗜好品で好みもバラバラ。皆さんがそれぞれ楽しんで頂けてよかったです。


■2022.11.25(金)13:45−55 
■出演クリエーター 煌ゆり
■CCC公募展入選者展覧会 煌ゆり個展「鳥の歌よりパンがいい」
■開催期間 2022.10.16 -11.20
詳細はこちら

■Q:今回の展覧会の見どころを教えてください。
A:(楽しみ方なども合わせてご紹介いただければ幸いです)静岡県の風土を表したジオラマのようなインスタレーション作品を展示するのですが、自分が小さくなったら ここに住みたいなとか、こんな生活したいなと空想してみて欲しいです。
また、紙の作品は古紙を使用しているので 様々な紙の表情を楽しんでいただければと思います。


 

ページトップへ